Topics

雨戸塗装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は横浜の現場で雨戸塗装をしました。雨戸は通常、枠はアルミサッシで塗ることができません(木製の雨戸は別ですが)

それで枠を養生し、表面の板面かルーバー面(鎧戸になっている面)を塗装します。

下の写真はフラットな板面タイプの雨戸です。

最初にさびを落としてから、紙テープで塗らない枠回りを養生します。

それからエポキシ系の錆止めを塗り、アレスエコレタンⅡというウレタン系塗料を2回塗ります。

表面が塗装されてキレイになると、新品の雨戸のように美しくなります!

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 4月に完成した逗子市のお客様のお家をアップしました!こちらはモノトーン調の外壁で、破風板が鮮やかな赤...
  2. 年末にかけて自宅をきれいにしようと思われるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。