Topics

ALCパネルは酸化に注意する必要があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、川崎市のマンションで内装の見積もりに行きました。その際、外壁の状態も見てほしいと依頼されたので、外壁も細かく診断させていただきました。

そのマンションの外壁はALCパネルでできています。ALCパネルとは軽量気泡コンクリートのことで、原料は珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末です。特徴としては軽量ですが、中に鉄筋が入っており強度があることです。

しかし、中に鉄筋が入っているということはALCが酸性雨の影響などで酸化すると中に入っている鉄筋が錆びてしまいます。

それで、ALCパネルを外壁塗装する場合はエスケー化研のミラクファンドを下地調整剤として塗ることがお勧めです。

※ミラクファンドについてはこちらをご覧ください。

ミラクファンドは元来アルカリ性であるコンクリートの中性化を防ぎます。そうすることで、中に入っている鉄筋の酸性化を防止することができます。

このように塗装とは、単に外側をキレイにするだけでなく、躯体の劣化を防止するために必要なメンテナンス作業なのです。そして塗装店はこうした科学的要因も学習しながら、様々な外壁に最適な塗料を選択する必要があるのです。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 4月に完成した逗子市のお客様のお家をアップしました!こちらはモノトーン調の外壁で、破風板が鮮やかな赤...
  2. 年末にかけて自宅をきれいにしようと思われるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。