サイディング住宅の劣化診断

ペイントオフィス・アッシュのもう一つの強みは、サイディング住宅の劣化診断ができることです

図2

「一般社団法人 木造住宅リフォーム協会」による窯業サイディング塗装の優良施工店の認定書

お宅のサイディングは大丈夫ですか?

窯業系サイディイングはデザイン性が高く、施工も比較的簡単なため、多くの住宅で使用されている外壁材です。

バリエーション豊かなサイディング材の模様
rekka1rekka2rekka4rekka5

一般的に10年以上経過すると、サイディング材は色褪せしたり、カビや藻が付着したりするようになります。さらにサイディングとサイディングの間のシーリング目地が劣化し、ひび割れを起こすこともあります。
rekka9

こんな状態が見られたら、要注意!

シーリング目地のひび割れや剥離が見られる場合
WS000060

サイディングの表面を指でこすると白い粉が付着する場合(チョーキング現象)
WS000057

サイディング住宅で起きやすいトラブル

サイディング住宅のトラブルとして、ひび割れや板の反り、シーリング部の不良があります。その主な原因はサイディング材自体が水分を含んでしまい、膨張と伸縮を繰り返すことにあります。これを放置するなら、建物の劣化を加速させるのです。

サイディングのひび割れ
rekka7

ではなぜ、サイディング材に水分が侵入してしまうのでしょうか?

直張り工法 or 外壁通気構法

サイディング材がどのように張られているのか、ご存知ですか?

実はサイディング材は、その裏面が防水紙に密着している直張り工法と、裏面に通気用の空間がある外壁通気構法があります。外壁通気構法だと室内の湿気を屋外に排出できるため、サイディングの裏面は乾燥状態を保ちやすくなります。

ご自宅のサイディング材が、どちらの施工方法で張られているかご存知ですか?

サイディング劣化診断

アッシュでは、専門知識を持つ窯業サイディング塗替診断士がお家のサイディングの劣化診断を行います。
劣化診断では主に、

  • 直張り工法、外壁通気構法の確認
  • シーリング目地の幅、深さを測定
  • サイディングの腐食の有無を打診音検査

などを検査します。

劣化診断報告書

そして写真付きの報告書を作成します。
rekka8

劣化診断でサイディング材の腐食状態をまず確認し、それから適切なメンテナンス工事をおこなえば、無駄な工事にお金をかけることを避けられます。それでアッシュでは、塗替えを検討する前にまずは劣化診断をおこなって、お家の“健康レベル”を診断することをお勧めします。