Topics

自分でできる塗装とできない塗装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時々お客様の中でも、ご自分の自宅の室内や外側を塗装される方がいらっしゃいます。最近ではホームセンターにも手軽に塗装できる水性塗料などが増えてきて、DIY市場も活気づいているようですね!

しかし塗装屋さんの目線で考えると、自分で塗っても大丈夫な個所と、専門業者に頼んだ方が良い塗装があります。

まず基本的な考え方は「家の構造や防水に関係したものはプロに、それ以外は自分で塗って良し」というものです。

たとえばウッドデッキ、雨戸、濡れ縁、柵などは、出来栄えに多少ムラがあっても家の構造自体に問題はありません。ですから趣味もかねて自分でトライして楽しむのも一つの方法です。塗装は慣れてくると結構楽しいものですからね!しかし、屋根、外壁に関しては、たとえ足場がなくて簡単に塗れる場所でも専門家に見てもらった方が良いでしょう。一つの理由は、そういう重要な個所にホームセンターの安価な塗料を使うと、そのあとの劣化が早まったり、その上に良い塗料を重ね塗りしにくくなるからです。

というわけで、塗装業者としては「自分で塗っても大丈夫な個所はぜひご自分でトライしてください!でも構造にかかわる重要箇所は無理にトライしないでください!」というのが本音です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 4月に完成した逗子市のお客様のお家をアップしました!こちらはモノトーン調の外壁で、破風板が鮮やかな赤...
  2. 年末にかけて自宅をきれいにしようと思われるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。